匠の技であなたと共に住まいを造る。福地建設株式会社  
 
2021年4月19日(月)
おはようございました!
福地建設の事務所では、現在ハナミズキの花が満開でピンク色の花がとてもかわいらしいです♪今日は、先週に続きディズニーの建築関係の雑学をご紹介させて頂きます!!ディズニーシーのアトラクション「タワー・オブ・テラー」の高さは59mありますが、なぜちょうど60mではないのでしょうか(?ш?) 理由は、航空法第51条で60m以上の建物には航空障害灯の設置が義務付られているからです。航空障害灯は夜間に飛行する航空機に建物の存在を分かる様にするライトですが、夢の国の世界観を守る為に設置しなくても大丈夫なギリギリの高さの59mになったそうです。先週ニュースにもなった再来年開業予定のディズニーシーの新エリアでの総投資額は約2,500億円だそうで驚きの金額です(○Д○) ちなみに今までのアトラクションの工事費用第1位は、センター・オブ・ジ・アースで約380億円(アトラクションがあるプロメテウス火山を含めての金額です)だそうです。オープンから夢の国の世界観を守り続け、さらに新しい事を始めるのはすごい事ですよね☆福地建設でもお客様1人1人に喜んで頂ける建物造りを行っております!建築・不動産についてお気軽にご相談ください。お待ちしておりますm(UωU)m

2021年4月12日(月)
おはようございました!
今週の15日は「東京ディズニーランド開園記念日」です!昭和53年のこの日に開園しました。開園当時のパスポートの料金は3,900円でした(○Д○) また、パスポートは平日のみで、休日は入園料とアトラクション料は別々でした。開園記念日にちなみまして、世界的に有名なキャラクターのミッキーマウスについて少し雑学をご紹介させて頂きます。ミッキーの指は4本なのをご存知ですか?ミッキーが初めてアニメ化された頃は5本にする予定でしたが、当時の映像技術が未熟で5本の指をアニメで動かすと6本に見えてしまったそうです。6本だと少し気味が悪い(-Д-)という事で4本指になったそうです。次にミッキーと言うと裏返った様な高い声が特徴の1つでもありますが、あの声はミッキーの初代声優でディズニーの世界を作ったウォルト・ディズニーが演じたそうです。現在ではミッキーの声優は4代目となりましたが、今でも初代のウォルト・ディズニーが演じた声のイメージが引き継がれているそうです。今月から入園者数が1万人多くなりましたが、チケットを購入するのはまだまだ難しいみたいです。新エリアや新ディズニーホテルなど今後もどんどん進化していくのが楽しみですね♪(>▽<)♪

2021年4月5日(月)
こんにちわ!
桜もすっかり満開ですね♪先日、高校の近くを通ったら桜が満開で大変綺麗でした。今はストーブのしまうタイミングに悩んでいる今日この頃です(-Д-)
先週の3月31日の下野新聞に物件を掲載させて頂きました。沢山のお問合せ頂きありがとうございますm(UωU)m 今回の新聞掲載でも、宇都宮市だけでなく鹿沼市や日光市などの土地・中古物件を沢山掲載しております。今日は新聞にも掲載している新しい物件をご紹介させて頂きます。宇都宮市若松原三丁目の土地です!閑静な住宅街にあり、陽当りも良好です。土地面積は67.8坪ございます。現在、建物がありますが解体して更地引渡しとなります。場所は宇都宮環状線や国道4号線にも近く、外出・通勤に便利です。最寄り駅は、宇都宮線の雀宮駅と東武宇都宮線の西川田駅で、どちらも車で約8分です。車で約5分の場所にヨークタウン若松原があり、そちらにスーパーのヨークベニマルや100円ショップ、薬局などの店舗がございます。他にも周辺に多数店舗があり、毎日のお買い物にも助かります。詳しい場所などぜひ、お気軽にお問合せ下さい。その他の新聞掲載の物件のお問合せもお待ちしております!!m(UωU)m


2021年3月29日(月)
おはようございます!
宇都宮市でも桜が開花してきましたね。もうすっかり春気分です(>▽<)♪ 先週の春の時期の区切り方の話に続き、今週も春について少しご紹介させて頂きます!今月の20日は春分の日で、先月の3日は立春の日でしたが、この2つの日の違いをご存知ですか(?Д?)先週もお話しましたが、暦による区切り方では立春から春になると言われています。しかし、立春の頃はまだ2月初旬でまだまだ寒いですよね(-Д-)
立春は気温が最も寒い日を過ぎて少しずつ寒さが和らぎ始めて春に向かい始める日とされています。また、季節が変わる1年の始まりの日で立春の前日の節分に厄を鬼に見立てて豆まきなどをして、立春の前日に厄を払います。次に春分は天文学的は区切り方で太陽が春分点に到達した日を言います。春分の日は、真東から昇った太陽が真西に沈むので、昼と夜がほぼ同じ時間になる日です。仏教では春分の日は太陽が真西に沈むので、西にある先祖がいる彼岸に最も通じやすい日と考えられています。なので春分の日を中日として7日間をお彼岸と言い、お墓参りをします。秋の秋分の日も同じです。同じ春と言う漢字が入った日ですが意味が変わってくるのですね。
最後に
今週の31日水曜日の下野新聞に物件掲載を致します。ぜひ、ご覧下さいm(UωU)m


2021年3月22日(月)
おはようございます!
花粉症の方には辛い時期ですが、暖かくなってきましたね。今年は会社の辛夷の花も満開に咲き毎日春を感じています♪先日、桜の開花宣言がニュースで放送されましたが、全国的に早く、満開時期も平年より1週間から10日程早くなる地点が多くなる予想だそうです。ちなみに宇都宮市も平年より早く、
開花は先週の20日で満開予想は今月の28日頃だそうです。今年もコロナウイルスの影響で大人数でのお花見は難しいかもしれませんが、開花が楽しみですね。突然ですが!!!皆様は、いつからいつまでを春と言うと思いますか?季節の絶対的な定義はないそうですが、いくつかの区切り方があるそうです。1つは気象学的な区切り方で3月〜5月を言います。一般的にはこの区切り方が多いそうです。2つ目は天文学的な区切り方で、3月21日頃(春分)〜6月20日頃までを言います。3つ目は、暦による区切り方で2月4日頃(立春)〜5月5日頃までを言います。4つ目は新年度を4月から始める事から年度による区切り方で4月〜6月を言います。春と言っても区切り方で色々あるし、気温など肌で感じた時期など人によって違って来ると思います。皆様は、どの区切り方が近かったでしょうか?

   
 
 
 
copyright@2007 FUKUCHI co., ltd allrights reserved